就職・キャリアアップブログ 夢に向かって頑張れ!しののめガール|松山東雲女子大学/松山東雲短期大学
ブログトップへ
2018.10.02

愛媛県内事業所見学のためのバスツアーに行ってきました!

キャリア支援課では初の試みとして、COC+事業と協働して

愛媛県内で「積極的に仕事と家庭・育児の両立に取り組んでいる事業所」を

訪問するバスツアーを企画しました。

学生の皆さんが、いろいろな業界や仕事内容、働き方に触れることで

知識や将来の選択肢を広げるためのツアーです。

1回目となる今回は、四国中央市の事業所を訪問してきました。

 

午前中は、社会医療法人石川記念会 HITO病院様を訪問させていただきました。

HITO病院様は、厚生労働省が認定する「くるみん」企業として認定を受けており、

職員の仕事と家庭の両立に積極的に取り組まれています。

 

まずは、HITO病院様の理念やコンセプト、働き方改革に関する取り組みを学びました。

女性がリーダーであることや、ICT・IoTを活用した事例、福利厚生など

学生たちの印象に残ったようです。

学生たちからも多くの質問が出ました。

 

ご講話をいただいた後は、病院の施設見学をさせていただきました。

病院とは思えないような温かみのある雰囲気の施設に、学生たちも驚きを隠せない様子でした。

このような雰囲気であっても、有事の際にはしっかり対応できるような設計をされており

地域と共にある事業所なのだと改めて感じます。

施設見学の合間には、女性職員の方から、

就職活動におけるアドバイスもいただきました!

 

施設見学の最後には、病院の11階にあるレストランで昼食をいただきました。

豊富なメニューからも、職員のための福利厚生に力を入れておられることがうかがえます。

 

 

 

午後からは、不織布を製造されているシンワ株式会社様を訪問させていただきました。

シンワ株式会社様は、愛媛県内で特に積極的に仕事と育児の両立支援に取り組む企業を表彰する

「えひめ子育てリーダー企業コンテスト」で、製造業において初めて

愛媛県知事賞を受賞された事業所です。

 

まず会社紹介のDVDを拝見した後に、代表取締役社長の井上様からお話を伺いました。

社長様と職員の皆様のアットホームな雰囲気が学生たちの印象に残ったようです。

シンワ株式会社様の製造する不織布は、医療、食品など品質に厳しい分野で

多く使われているということが分かりました。

 

ご講話の後は着替えてから、工場を見学させていただきました。

 

原材料となる綿を触らせていただきました!

これが、普段私たちが使っている不織布になるのだと驚いた学生たちです。

 

休憩中にも、シンワ株式会社様の製造するいろいろな種類の不織布を触らせていただき、

用途やお客様のニーズに合った高品質な不織布を提供されているのだと学びました。

 

最後に、働き方に関する取り組みについて伺い、

業務部と商品開発室で勤務されている女性社員の皆様とお話ししました。

 

 

 

ツアーを終えた学生たちからの感想を一部ご紹介します。

「スタッフが自身の職場に誇りを持ち、上司を尊敬し、生き生きと楽しそうに働いていた。また、同僚やお客様に対してもゆとりを持った対応で、気配りが素晴らしいと思った。」

「私は実習に行った病院しか詳しく知らなかったのですが、女性が多く働いていたり、福利厚生についても女性が働きやすいかなど、就職する際には大切だと思いました。」

「気づいたことは、2社とも余裕を大切にしていることです。ワークライフバランスの重視、終業時間の削減などを行うことで、仕事の生産性、効率アップにつながることが分かりました。」

「代表者との距離が近いこと、社員同士のコミュニケーションが取りやすい環境に魅力を感じます。」

 

学生たちにとっても自分の職業観を考える上で大変有意義なツアーとなりました。

社会医療法人石川記念会 HITO病院の皆様、

シンワ株式会社の皆様、誠にありがとうございました。

 

次回の事業所見学バスツアーは、来年2月頃に実施する予定です。

学生の皆さんは、積極的に参加してみてください!